ウインズソフトの想い

代表あいさつ

1999年 アメリカは次世代コンピュータインフラとしてWeb、JAVAへの転換がピークを迎えていました。
日本にも2~3年後には同じ波が押し寄せることは明らかであり、可能性を確信し起業を決断しました。

社名へ込めた思いは“Win&Win”です。
「ビジネスを通じかかわる全ての人達とWinを実現する」ことを理念としています。当社では、「高い人間力」、「活かす」、「社員は仲間」、「ともに楽しむ」といった4つの志を大切にしています。
ビジネス成功の一つとして『進めなくなるまでアクセルを踏み続ける』というものがあります。そのためには勇気が不可欠であることを実践から学びました。志に勇気を持ち続け“Win&Win”し続ける会社でありたいと考えています。

当社は、15年の実績を活かし受託ビジネスを軸としたコンサルからフォローまでを一元化し、お客様の改善・改革をPDCAのサービスとしてご提供しております。

『豪商』をはじめとしたソリューション、『BPEC』、『ePower/exDirector』等のツールに留まらず、IT市場をリードする新たなソリューションの開拓、関連オフショア会社 ベトナムISV社を活かしたグローバルサービス、さらに近年取り組んでいるSNSによるコンシューマ市場への進出も着々と準備を進めています。

社外より有識者を招き、トヨタ式改善の基礎を学び、従来より行ってきた社員の目標管理と評価を根本から見直し、処遇までを一気通貫で公平公正に分かりやすいものとし、やりがいのある目標設定と活力ある体質の改造を行ってまいりました。

我々は、一人のリーダーが動かす会社ではなく、正しい目標を持った組織の力が動かす企業を目指します。


お問い合わせ